( ・´ω・`)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分を奮い起たせる方法
受験中は「もーあかん!!!!」と腐った瞬間「おまえもこの○○みたく人類を救うんだろ熱くなれよ!!!!!!111」と某ヒーローを自分自身に押し付けるごっこをしてやる気を維持しました。
社会人経験済み児童ですどうも!

残念ながら失敗された方のblogを読みながら夜を過ごす方も、そこそこいらっしゃるんではないでしょうか。
私のことなんですがね。
この時は、受験二回目で受かってる人いるしさー、私も何とかなるよたぶん!っていう頭を大切にしましたです。
私の場合は「だって秋に受験決めたし」っていう頭があったんですが、見学に行った学校で同じように短期間で合格された方の話を聞けたので、われもやりますし!!ヾ(X3ノシヾ)ノ゛ととりあえず足掻いてみることにはしました。

あとは現役看護師の叔母たちに愚痴りながら2~3浪は当たり前だと思ってやんなよ~~とか言われて、深く考えることをやめた。
スポンサーサイト
社会人入試
これに関しては、倍率がとんでもねえと聞いて一切考えませんでした。
でもこの試験があるかないかで、社会人に開けてるか否かが分かっていいですね。

見学に行けなかった学校はそういう面から憶測するしかないので、とにかく見学は行くべきだと思います。
ただ、オープンキャンパスへ行かなくても受かるところは受かったので、そういう意味では関係ないかなーと。
合格前に学校の雰囲気は分かったほうが断然いいです。
っていうか基本的に、普通はみなさん受験する学校の見学には行かれるものだと思いますので><
やったほうがいい
やつ。
自分が勉強を始めた時点では、もう模試をやってみるとかいう時期じゃなかったのですが、予備校の模試は受けてみたほうがいいらしいです。

それと過去問を解くこと。
自分が受けたうちの1校だけ過去問を得ることは出来たんだけど、結局解かずに終わってしまいまった。
解けなさすぎて怖気づくだろうな、って頭でいたので薄目で傾向を眺める程度でした。
受かったところで点数開示してもらえるとしても怖くて見たくない(´ε`;)~♪

そして何事も早くから動き始めるに越したことはないですね。
超短期間で詰め込んだ分、基礎が揺らいでるんじゃないかと思っちゃって、この先が不安でしかたないっす。
社会人を数年過ごした人は早くから勉強して、勉強の方法を思い出すことも大切だと思います。
個人的に勉強ってどうやってたっけっていう頭から抜けられないままなので、入学と同時に取り戻さないといけなくなりました(;´Д`)
おそろしいのだわ…
受験勉強02
そうゆえば。
数学がどうにもこうにもイミフ過ぎた自分には、NHK高校講座のarchivesがとても役に立ちました。
テレビで放送されたものを、そのままネットで見られるというありがたい公式archivesです。
観てばっかりじゃなくて、とにかく問題を解くことをしなさいよと突っ込まれたんですが、そもそもの解き方がアレなので数学Ⅰに関してはほぼ観ました。
ただ、数学Aは高校講座での取り扱いがないので参考書頼り。

使った参考書:
数学
坂田アキラの医療系看護入試数学IAが面白いほどわかる本
オープンセサミシリーズ② 数学Ⅰ・A

オープンセサミで理解できなかったものを、面白いほどわかる本で調べるって使い方をしました。
チャート式や他の参考書も使ってみたんですが、個人的にこの2冊が一番効きました。
あとは冬期講習で総ざらい。

国語
国語常識のスーパー基礎

とりあえずこれだけやって、文章問題は冬期講習で解くコツを頭にねじ込み。

英語
スーパー基礎・総合英語塾
英文法のスーパー基礎

ネットの英語ニュースを読みながら、念のためこの二冊を眺めました。
だけどもとにかく数学で手一杯だったので、最終的には英語サイトを読むことしかやらんくなってしまいました。
受験してみると、医学用語をバンバンぶっ込んだ中文を出す学校や、一般的な単語がわかれば読めるような長文を出してくる学校があったので、過去問が手に入る場合はそういう見方で対策出来ると思います。
受験勉強
全く役に立たない受験勉強方法

受験決定当時の能力は

国語:漢字の読み書きはそれなり 熟語は胸張れない

英語:海外ニュースサイト読んだりしてた

数学:(;^ω^)

だったので、とにかく受験勉強といえば数学のみを熟してました。
有名なピンクカバーの本がとにかく分かりやすいです。
勉強期間がとんでもない短さだったので、数学を頭に突っ込むことで精一杯。
だったんですが、時には分からなすぎて数週間投げ出したりはあるある。
勉強自体が○年ぶりだよ!!+なにこれ看護学校人気すぎわろた…状態だったのでふて寝とかしましたね…。

その後、12月半ばに某予備校で年明け冬期講習があることを知って、苦手科目とHow to 小論文を5日間ほど受講。
面接練習については、今回は来年に向けたおためし受験だしと全て諦めた考えだったため、一切行わずに受験へ至りました。
結果、視野に入れていたところが落ち、まさかのところが受かるというとんでも展開。
心から受かるわけがないと思っていたので、リサーチゼロのまま春を迎えます。
それでもどうにかなると思っています…思わないと多分あかんくなりますので、どうにかなると思っています…
これから受験される方は、受かると思っていない学校でも見学へは行かれたほうが宜しいと思います…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。